底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

ここが踏ん張り時だ。

今日、上司と先輩からアドバイスを貰った。

 

上司は30才くらいからIT業界に入り、何も分からない、PCも電源がどこにあるか分からない状態で入ったらしい。そこから今の状態のレベルまで上げるって、もう神の子レベルです。ひとまず業務で必要な知識からつけていったらしい。

 

「設計なんて、動いてるconfigから持ってきて、それと必要な部分を論理的につなげればいいんだよ。」と言ってたけど、それが難しいんですよ・・・。

 

資格なんてどうでもいいというスタンスの上司だけど、とりあえずCCNAをとりなさいと言っていた。1つのこと集中して、成し遂げた証明にもなるのだから、君はそれを業務と平行して頑張りなさいと言ってくれた。それに皆、家で勉強して頑張ってるんだからねと言ってたけど、そうだよな・・・。

 

過去にペーパーCCNPを持って、入ってきた人をガンガン切ったらしいから、業務で揉まれながら資格をとらないと本当の価値は少ないのかもしれない。CCNPを持つことで、単価も上がるため使えない場合はガンガン首を切っていったと聞いて、恐ろしさしかなかった。僕を生かしてるのは上司の思いやりなんだろうな・・・。

もうこれ以上、甘えるわけにはいかない。

 

年齢差があっても、そこにマナーはあると思う。

昨日はご飯食べた後にあまり疲れで寝てしまった。仕事が忙しいというよりは睡眠時間の問題だと思う。1時くらいまで起きて、そこからしっかり寝る方がいいなと思う。自分の場合、3時(電気つけっぱなし)から起きて、また5時から寝るという生活を数日、続けたら疲れが全然とれなかった。

 

題名にもある通りマナーについてだけど、今の職場はほぼ全員が自分よりも年上で、キャリアもそれなりにある人ばかりです。そこでひたすらダメキャラとして生きる、ダメリーマンな自分ですが、適度ないじりでお前はダメな奴だなと指摘してくるのはいいよ。ただ話す度に、昼休みまでもその類いの会話しかできないのはどうかと思う。年下とは言っても、お互い大人だし社会人ですから、相手を不快な気持ちにさせないマナーは必要だと思う。それに年齢、キャリアの長さを考えると能力の差はあるわけで、その分だけ給料を貰ってるはず。それなのに経験が浅い人間をひたすら仕事ができないと非難することは、自分の薄っぺらい自尊心を保ちたいのかなとしか感じられない。

 

問題は僕はいない席でもあいつは仕事ができないと言ってるみたいだけど、それただの悪口ですよね?本人に直接言わない限り意味がないと思うんだけど、彼にはそれが理解できないらしい。明らか会話力がないから、人を非難することでしか、会話の糸口を見つけられない人が今の職場に多いなと思う(そういう人に限って、上司への謙虚さは凄い、ペコペコしてるw)

 

一方でいじるけど、しっかりと指導してくれる先輩もいる。僕は目指すならこういう先輩になりたいと強く思ってます。人間として見習える先輩から良い面をどんどん吸収し、人間的に劣ってるなと思える先輩は反面教師にすればいい。業務以外でなるべく接すること機会を減らしていこう。

 

 

GNS3でネットワーク学習「BGP」

学習内容


 職場でもっとも使っている技術が、BGPとStaticなので、こちらを優先して勉強していきたいと思う。ひとまずBGPを設定するにあたって、Staticは必須になるので、同時に勉強していきたいと思う。今回、主に参考にしているサイトはこちらになります。

 

BGPでPE→Customer間までpingを飛ばしたら疎通が確認できる状態にする必要があります。構成としては網側(バックボーン側)はフルメッシュで複雑なので、Loopbackを設定することで、PEということにしたいと思います。PE側をAS100,CE-Customer間をAS200のグループに設定し、設定を進めていきます。

 

EBGP(AS100)で、IBGP(AS200)ということになるため、AS間での疎通が確認できたら設定が合っているということになる。

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20170412042257p:plain

 

Config


<PE>
router bgp 100 ←ASグループを設定
network 1.1.1.0 mask 255.255.255.0 ←広告したいネットワークアドレス
neighbor 192.168.0.1 remote-as 200←ピアをはる
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.0.1 ←経路確保のため192.168.0.1に来たパケットはすべてデフォルトルートに行くよう設定。 
 
「ip route 宛先アドレス(ネットワークアドレスなど) nexthop」
 
 
<CE>
router bgp 200
neighbor 192.168.0.2 remote-as 100
neighbor 172.16.0.3 remote-as 200
 
CEは中継点になるので、両端のピアをはるだけの設定になる。
 
 
<Customer>
router bgp 200
neighbor 172.16.0.1 remote-as 200
ip route 192.168.0.0 255.255.255.252 172.16.0.1 ←AS200内疎通確保のためにStaticを設定する。
*IBGPではStaticで疎通を確保しないと通信ができない。
 
以下のコマンドでBGPのネットワークが配信されているかを確認することができる。
show ip route
show ip bgp
加えて、
ping 172.16.0.3 source 1.1.1.1 ←PEからCustomerまでpingが飛べば、設定が合っていることが確認できる。
 
 
 
感想

 正直、まだ基本構成だから、まだまだ詳しく勉強する必要がある。基本だけでもだいぶ難しいけど・・・。

少しづつBGPを理解していくために実際に設定することは本当に大切だと再実感。本やサイトだけ読んでても本当によく分からないのが正直なところです。

30 minuteネットワークでの説明が非常に詳しいから、こちらを教科書代わりに読み進める。

Ciscoのサイトも参考になる。

www.cisco.com

 

www.cisco.com

 

www.cisco.com

 

 

GN3でネットワーク学習「基本構成」

学習内容


職場で最近、ずっとGN3使って勉強しているので、技術ごとに習得したらメモ代わりにブログに残したいと思います。

 

ひとまず基本構成を作成しました。 僕の職場はISPなので、基本的に以下の構成になります。CE以降のLAN側はもっと複雑な構成になっている可能性が高いけど、僕の今の技術力では表現できないので、ひとまずシンプルなもので・・・。網側(バックボーン)もフルメッシュで複雑な構成になっていることが想像できますが、今回はLoopbackアドレスを設定することで、網側という設定で進めたいと思う。

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20170412040448p:plain

 

 

 Config


 <PE>
hostname PE
!
int fa0/1 -0
no shut
!
int fa0/1
ip address 192.168.0.2 255.255.255.252
!

interface Loopback0

ip address 1.1.1.1 255.255.255.0

!
 
上記のような感じでPE,CE,Customerの3台を設定する。
 
 
感想

これで基本的な構成ができたから、これをベースにルーティングなどの勉強を進めていきたいと思う。GN3の存在は知ってたし、職場のPCにも入れていたんだけど、ここまで便利なものだとは最近知った。

例えば、アドレスを設定できるPC(VPCS)も置くことができるのだ!!詳しく説明しているサイトはこちらにあるので、参考にしました。

今日もほぼ職場で勉強

ほとんどGN3を触ってました。ただ、idolしても、CPUを100%で使ってしまうためPCの動きがかなり重い・・・。明日も使ってみて重い場合は実機で勉強しよう。

 

目標としては、今週中にBgp,HSRP,基本的なルーティングプロトコルの理解だな。

 

上司いわく振れる案件がないとのこと。たぶん先月の超絶忙しかった案件数が影響してるのだろう。こんなに業務中に勉強できる機会はなかなかないから思う存分活用しなければ。

Shadow of Chinaを観て。

僕はJohn loneという香港出身のハリウッド俳優のことを、どのスターよりも憧れている。正直、僕の世代はほとんどが知らない俳優だし、中国語圏の人に聞いても知っている人はいたことがない。作品としてはラストエンペラーやイヤーオブザ・ドラゴンなどが有名なんだけど、どの作品も1990年の初めの作品だから観たことがある人は少ないと思う。彼は出る作品を選ぶ傾向があるため、そもそもの出演作の絶対数が少ないのも多くの人が知らない理由かもしれない。

 

前から観たかった「Shadow of China」をyoutubeで見つけrことができたので、観てみた。正直、ラストエンペラーと比べると個人的な評価は下がるけど、文化大革命を含めた歴史的、社会的背景が繊細に描かれている。John lone演じる主人公は中国国内の内紛から逃れるために香港に密入国したけど、そこから一気に実業家としての成功を納める。しかし、彼の本来のルーツが中国ではないことに気づき始める。佐藤浩市さんが出ている本作に出演しており、まだ物凄く若いです。俳優の駆け出しという感じ。

 

www.imdb.com

movie.walkerplus.com

 

Jone loneの独特な身のこなし方や話し方、ダンディーな声、エキゾチックな雰囲気が本当にカッコイイと思う。彼が実業家やマフィアの幹部を演じている時は本当に役にハマっていてい、見惚れてしまう。今は北京で活動しているらしいけど、全く情報が入らないから、また日本で活動してくれたらいいんだけどな。ただ年齡も64歳みたいだし、引退してるのかも。あんなカッコイイ大人になりたいなと強く思う。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

日本の文化を守る経営手法

僕はテレビ東京系列の番組が大好きだ。ワールドビジネスサテライト、未来世紀ジパングガイアの夜明けカンブリア宮殿は時間があれば観ています。その中のカンブリア宮殿で非常に面白そうな経営者が紹介されていたから観てみました。

 

バリューマネジメントという創立12年ほどのベンチャー企業だけど、従業員が500人もいるという超急成長している会社で、主にウエディングやホテル事業を手がけているらしい。でも、普通のウエディング事業ではなく、地方で使われなくなった歴史的建造物をリフォームして、新しくホテルなどに使えるようにするという画期的なビジネススタイルを生み出した経営者である。経営者である他力野は歴史が大好きで、神戸での淡路大震災で建物が消え、今まであった風景が消える寂しさでの体験から今の事業が生まれたらしい。古い建物を持ち続けることは、新しい建物を建てるより難しい。多くの持ち主が高い維持費から頭を抱える中、他力野さんは持ち主の了解を得てリフォームし、その建物を賃貸として貸してもらうというお互いWin-Winのビジネスモデルを生み出した。オーナーはお金がかからないところか、家賃収入が入ってくることで助かる人も多いだろう。

 

僕も歴史的建造物が大好きだから、他力野さんの考えには非常に共感できる。もし、ITで働いてなかったら、そこの会社で働いてみたいと思うくらいだ(笑)

 

新しいこと生み出すことはある意味、今の時代では十分、それどころか過剰かもしれない。でも、日本文化、歴史的なものを振り返り、そのかけがえのない財産を守る試みはこれからの若い世代にもっと必要になってくると思う。今の日本があるのは、過去の歴史がったお陰なのだから、立ち返るべきところに僕たちは来ているのかもしれない。

 

 

www.dailymotion.com