底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

複数のブログを読んだ感想

下記のブログを読んで感じたことがいろいろとあるので、ブログにしたいと思います。僕個人としては、日本はまだ東南アジアや台湾などアジア圏では高い地位にあり、憧れの国になっています。アジアで唯一、先進国の仲間入りを果たした国であり、歴史的にも関係が深い東南アジアでは親日家が多いお陰もあり、まだまだ日本というブランドは揺るぎないと思います。しかし、その一方でどんどん国力の差が縮まっているのも確かです。昔は今ほど外国人が日本に旅行に来るなんて考えられなかったと思います。ここ10年ほどで一気に差を縮められた感がありますね。

 

www.from-estonia-with-love.net

 

日本国内で会社にしがみつけば、何とかなるだろうと考えている方


外国人に職を奪われる可能性が大です。既にコールセンターや一部のIT系の仕事は海外へ出ていってしまっています。僕の職場でも人件費のコストをできるだけ下げようと、国内案件ではConfigを自動化にしたり、キッティングなど簡単な作業は人件費がもっと安い部署に移ってしまいました。ヘルプデスク業務や運用系なんかは日本で働くより、圧倒的に海外で働いた方が待遇が良かったりしますしね。

機械にとって変わる仕事も多いはずです。僕達がやっている仕事は10年後にあるかは保証されていません。そして、非正規が増えてきた日本において、今のポジションで定年を迎えられるなんてまずあり得ないのです。必ず会社を数回は変わることになるだろうし、職種も変えることになるでしょう。

僕は今の職場で働いてい、「安泰や安定」という言葉は今の時代において幻想でしかないと気付かされました。50代、40代後半のバブル期ではッちゃけていたであろうおじさま世代は今、苦戦しています。とくに能力なんてとくにないのに、社会の勢いだけで良い思いできた方々です。僕の職場で定職を失うことを強く恐れており、それを若手にも「首になるよ?」と脅し文句のように毎日ほざいている奴がいます。はっきり言って、僕からしたら何が恐いのかさっぱり理解できなかった。自分がまだ若いからというのもあるけど、変化なしで永遠に今のポジションにいる方がリスクであることを考えると、むしろリストラされた方が良いかなと思ってしまう。仕事なんてどんどん変わっていくスタンスで行かないと将来的にキツイ気がする。

ただ、日本企業ではまだこの考えは通用しないかもしれないけど・・・。

 

自分でキャリアを作っていくことが大切


 

これからは会社なんて絶対に守ってはくれない。自分で自分自身をブランディングしていかないと変化の激しい時代を生き残っていけないと思う。おじさん世代は会社にしがみついて、しがみついて人生を生き残ろうとしているみたいだけど、その生き方を頼むから未来ある若者世代にまで強要しないで欲しい。日本の未来を作る優秀な人材が可哀想だ。

僕の職場にも若手の教育なんてどうでもよく、とにかく自分が会社にしがみつくことばかり考えている人間がいる。本当に見ていて、嫌気がさす。

www.ikedahayato.com

 

もう周りの目なんて気にしない。


 僕も今まで周りの目を気にして、生きてきた。だから、普通のサラリーマンに変な憧れを抱いたのだと思う。でも、今は違う。社会、他人の目なんてどうでもいい。笑うなら笑えばいい。変化を恐れずに一歩踏み出している人間の方が100倍、勝者だと僕は思う。

 

手術という不安な1日だった。

今日、ヘルニアの手術を受けました。

健康保険が使えるか7月中になんとか先生にお願いして、予定を開けてご対応いただいたのです。

 

腹腔鏡での術式のお陰で、痛みがほとんどない。終わった後にご飯も食べられるし、違和感はあるけど、歩けます。手術では全身麻酔、人工呼吸、麻酔をすぐにかけてくれたから終わったら目が覚めたという感じで、全くストレスもんかったです。

 

いやー日本の医療はすばらしい!!と感じる1日でした。

久しぶりに中国人の先輩に会った。

1年前に退職して、今は別の職場で働いている中国人の先輩に会ってきた。彼以外にもう1人中国人の方を連れてきたので、3人(日本人1人、中国人2人)という形になった。

僕の先輩はCCIE持ちで、日本語と英語もペラペラという、正直レベルが全然違うので、技術関連の話されたら全然理解できなかった^^; 僕と一緒にいた職場ではルーターしか触れないから、スイッチやファイアーフォールなど他の機器も触りたいという強い向上心の元転職していったのでした。そして、1年ぶりに会った彼はもう既に様々なNW機器に触れ、技術に飽きてしまっていた(笑)もう触ってないものはサーバーになるのかなと言っていたけど、NWのスキルを上げても日本の会社は欲張りだからサーバーや他の技術まで要求してくる。本当にあり得ないと言っていた。

僕はずっと先輩が情報系の学部を出ているのかと思っていたけど、実際は日本語専攻で、札幌の大学を卒業していたことが判明。その後に中国に帰り、食品関連の会社で働いていたけど、転職してバイリンガルヘルプデスクから入り、ここまでの技術を身に着けたんだとか。仕事が終わった後も職場に残りひたすら勉強したと言っていたから、本当に努力したんだと思う・・・。

 

彼の話を聞いていて、自分のサラリーマン生活は甘すぎたと思う反面、彼みたく技術に没頭できる自信がなくなった。簡単なバイリンガルエンジニアくらいならずっとやれるかもしれないけど、それだとキャリアはストップしてしまう。そう考えるとITからは外れたほうがいいのかもしれない・・・。

ただ、技術が凄い先輩だけど、その一方でコミュニケーション能力に関しては自信がないと言っていた。次に転職した現場は超大手の財閥系商社の子会社(Cがつくところ)だったみたいだけど、人間関係でやられて、軽い鬱になったんだとか。機器の選定から、構築まですべてのフェーズを立ち上げから経験できるからやってたのに、途中から来た人間と馬が合わず外されたんだとか・・・。技術だけあっても、コミュニケーション能力も高く要求されるIT業界は本当にキツイと思う。

後半は僕の友達と先輩が中国語でずっと会話してたから、何を話しているのか正直分からなかった。でも、日本語だとたくさん話せない友達も中国語だと楽しそうに話していたから、それだけでも嬉しかった。

この機会に次は飲みに行こうと約束したので、楽しみだ^^

目標の貯金に達した。

昨日が振込だったから、預金を確認した。

自分がこれくらい貯めなければならないなと目標にしていた金額が無事に貯まった。別に貯金ばかりしていたわけではないけど、性格的にあまり無駄遣いはしないです。そのため貯金も結構できていました。

 

貯金好きだけど、お金は使うためにあると考えているので、自分の成長に活かせるなら使っていこうと考えています。

実質、先週の木曜日が最終出勤日

木曜日以降は有給や個人的な事情があり、来週の金曜日まで休みになった。

だから、実質木曜日で今の会社でのリーマン生活は終わったと言っていいだろう。自由な時間が増えることが嬉しいようで、不安でもある。ニート時代を思い出すし、またあの時みたいな生活に戻ってしまうんじゃないかという恐れもある。でも、あの時に自分とは違い、少しでも成長しているはず。また、自分でいろいろ挑戦していきたいという気持ちもあるから、何もしていないニート時代のような生活には戻らないだろうと思っている。

 

半袖、半ズボンで電車を乗ると、暑い中スーツを来ているサラリーマン達を見ていると、自分も2日前まであの立場だったんだなと思ってしまい、逆に違和感すら感じた。こんな猛暑なのに毎日スーツ着て、満員電車に揉まれ、歩きまわり・・・やっぱりキツイな。僕はやりたくない。

 

ひとまず最終出勤日までゆっくりします。

半分以上のチームメンバーに辞めることが伝わった。

今日、リーダーから辞める話を全然してなかったなと言われ、詳細を伝えた。一応、辞める日程などは直属の上司に営業を通して伝えていたのだけど、リーダーには伝えられていなかったみたいだ。自分で直接伝えてくれということなのだろう。

有給消化のため来週が最終出社日になることを伝えると思ってたよりも早く離れること驚いていた。一応、1ヶ月前に辞める意思は伝えているんだけど、今まで退職する人達を見てると本当に直前になって周りに伝えられていた。プロパーの社員ですら、部署異動や他グループ会社への出向の際にも本当に直前になって、周りに挨拶をしていた。そう考えると、日本企業は直前で伝えられるのが習慣なのだろうか。

自分が海外へ行こうと考えている旨を伝えると、盛大に送別会を開いてくれると言ってくれたけど、俺は恥ずかしいんでこじんまりでいいですよと伝えた。そんなに長く務めたわけでもないし、今の職場では活躍できたわけではないしね。

今の職場も残す所出勤日数6日となった。あと少しだけど、時間を無駄にしないよう、できるだけ有意義に過ごしていこうと思う。比較的時間があるから会社から用意されたe-learningでExcelの勉強をしたりしてるけど、語学の方もそろそろ本格的に始めなければいけない。

 

道産子なら北海道を一度は周るべきかもしれない・・・。

今日、先輩が北海道旅行から帰ってきたので、そのお土産を貰った。もう1年以上、地元には帰っていない。そのお土産(六花亭)を見ると、さすがに懐かしさがこみ上げる。六花亭は道内でしか購入できないので、正真正銘の北海道限定、お土産である。

 

中標津摩周湖など訪れた場所の話を聞くが、僕は一度も行ったことがない。そう、ずっと札幌に篭っていたため全く「北海道」を知らないことに今日気づいた。道産子であることに誇りはあるけど、北海道を語れないのではダメな気がする。

 

年内に一度、北海道を周ってみようかと考え始めた。お金は使いたくないから、車中泊の貧乏旅行になるかもしれないけど、それでもいい。とにかく北海道の広大な大地を感じてみたい。