底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

スポンサーリンク

TOEIC公式問題集 Vol6模擬テスト(TEST2)

スポンサーリンク

明日とうとうTOEICですが、最後に模擬試験をやってみました。

まず結果としてはリスニングが過去で1番出来たと思えた感触でした。Part3,4は聞いていて8割以上は理解できていました。前回のリスニング中は文字をシャットアウトするに加えて、なお集中できるよう下を向いて服しか目に入らない状態にしました。もっと集中できるようになりました!!Part3,4しかやってなかったけど、視覚条件が必要ないPart2に関しても下を向いていればよかったなと今後悔しています。

 

合計=149点(自己最高記録!!)

リスニング→80問正解(100問中)

(正解数= Part1=8問 Part2=23問 Part3=26問 Part4=23問)

リーディング→69問正解(100問中)

(正解数= Part5=33問 Part6=7問 Part7=29問)

Part7詳細→シングル15問正解(28問)、ダブル14問正解(20問)

 

リーディングに関してもPart5が初めて30点超えたのは自信になりました。たぶん昨日、1日かけて文法特急をやってたからでしょう。ただ・・・得意だったPart6の点数が落ちてきているのが悲しい・・・。なんか早くPart7に移らなきゃと焦るところでもあるのか正確性が落ちてきてしまっています。

 

時間配分は一応、Part5(14分)、Part6(6分)、Part7(55分)を念頭には置いていましたが、全く守れませんでした。Part5は20分以上、Part6も10分以上かけて、Part7も諦めて正解率をあげられるよう丁寧に読んでました。ダブルパッセージ(181〜200)から先に読み正解率を上げるようにするしか今回はないと思っています。最後のシングルパッセージを解く時には僅か15分足らずしか残っていませんでした(笑)

 

もう今回のテストでは時間内にすべて解き終えれればいいな〜くらいの気持ちしか持たないことします。焦って解いても取れる問題を逃してしまう可能性があるので、正確性を重視します。今の自分の英語能力ではPart7は時間内で読み終えることは無理だと判断しました。まだ2回チャンスはあるので、それまでに力を付けたいと思います。

 

 

僕のPart3,4への苦手意識がなくなり、好きなパートになった。


自分のスタイルを確立できたことにより苦手意識はなくなりました。 むしろ一発勝負のPart1,2の方が難しいなと思います。Part3,4は文脈からも推測できるので挽回しやすいです。

 

ひとまず明日のTOEICに向けて金フレと文法特急を繰り返してやって追い込もうと思います!!!

 

スポンサーリンク