読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

今日の学習記録「英語学習」2016年3月17日 公式問題集を解くほどコツが分かってくる。

 学習内容


・公式問題集vol6 TEST1を解く(3回目)

・簡単に復習

 

今日も引き続き同じ問題を2時間の時間内で解きました。これで3回目なので、もちろん解ける問題は大幅に増えました。人生で初めてTOEIC200問を時間内で解き、3分余らせるという感覚を経験することができました!!本当にPart5,6をそれなりのスピードで解かないと無理だなと感じました。そして、そのためには解けない問題(単語が分からないなど)はすぐに捨てる臨機応変さが大切だなと改めて思いました。

 

ただPart7の読むスピードが少し早くなったというか、長文を読むのに抵抗が少しなくなりました。毎日やることで慣れてくるのかなと感じています。とにかくこの公式問題集をひたすら解く勉強をTOEIC209回まで続けていきたいと思います!!

 

TOEIC公式問題集 模試結果


 

Part1=10問正解

Part2=29問正解

Part3=29問正解

Part4=29問正解

Part5=39問正解、14分で解き終わった。

Part6=11問正解、4分で解き終わった。

Part7=39題正解、55分で解き終わり、3分余らせる。

 

リスニング=97問正解 リーディング=89問正解

 

 

公式問題集を解いて学んだこと


・Part2はとにかく最初の1文字(what,who,whereなのかなど)を聞き取るのに全神経を使う。ちなみにWhyと聞かれたら、Toと答えた問題が正解になる可能性が高い。

  

・Part3,4は先読みの際に設問を簡単に日本語でまとめて聞き取るポイントを覚える。全部を英文で覚えようとしない。選択肢は上から下まで猛スピードで読んで、関係ありそうなものにマークする。

 

・Part5,6は選択肢を確認して、すべて読む必要があるか見極める。品詞を問われている場合はすべて読まない。全問をすべて読もうとしない。

 

・Part7のNot問題は探すのに時間がかかるから捨てる。他に時間を使った方が賢明である。

  

 

 

 明日の目標


・公式問題集vol6 TEST1を復習、2時間で解く。
 
 

☆今日の勉強時間:2時間

 勉強時間(総合計12月5日から):205時間