読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

ワークポートの面談に行ってきました!!

就職活動

今日、ワークポートさんの面談に行ってきました。場所は品川の大崎駅から歩いて5分の距離でした。googleマップがまた上手く作動しなくて焦りましたが、なんとか辿り着きました。

 

一応、面談に行ってきたのでその感想を報告できたらと思います。

 

担当コンサルタンの雰囲気


 とても親切に話を聞いてくださり、それに対してアドバイスを多くしてくれる方でした!!コンサルタントの方は個人的にとても共感が持てました。自分が分からないIT業界についての質問も丁寧にお答えいただきとても勉強になりました。

 アピールの仕方や履歴書の添削なども簡単にアドバイス頂いたので、とても助かりました。頂いたアドバイスを参考に作りなおそうと思っています。

 

紹介求人について


 求人の量はヤバイです!!今日だけで20件くらいITインフラ運用の案件を紹介いただきました!!しかし、求人の質はどちらかというと名前も聞いたことがない中小企業が100%でした。

ワークポートはIT求人 に強いと有名ですが、確かに数は多いのだと思いました。しかし、社員10名、設立3年目などブラック臭がする求人もいくつか含まれており、とにかく数をこなしてどこでも良いから入社しよう!!という感じでした。

ちなみに今回、英語を使うような求人は0でした。まずインターナショナルな案件は全く売りにしていないので、それを要求する方が無理かもしれませんが・・・^^;

 

頂いたいアドバイスのまとめ


・英語とITではなく、まずはITで探すべき。

・運用監視からサーバー構築など技術系へ進む道が多い。

・IT系への志望理由が弱い。将来のビジョンを交えて話すと良い。

・IT関連は常駐が多いから20代の若いうちは特定派遣で経験を積んで、30代で社内SEで落ち着くというのが王道らしいです。

 ・派遣という雇用形態はアピールになりずらいことがある。契約社員や正社員なら企業側に属していたいということで、評価されやすい。

なんでこんなに空白期間が長いの!?


これもまた聞かれました・・・。ま〜ニートしてましたとしか言えないのですが、それを強引にたまにやってたアルバイトなどでごまかすしかないです。

 

所感


相変わらず面談に行くと自分の経歴の酷さに落ち込みますね・・・。

紹介いただいた数は多いけど、これを他のエージェントと一緒に並行して進めるのは難しそうなので、明日のDODAの面談次第ではお断りする予定です。コンサルタントの方も仰ってましたが、まずは運用監視やヘルプデスクに配属される可能性は高いみたいなので、それなら同じサポート系職種ならどうしても英語の要素を入れたいのが正直な本音です。今回働いたら、最低でも1年以上は働く以上は変な妥協はしたくないと考えています。

・大手グループ企業であること(雇用形態は契約社員でもOK)

・サポート系なら英語を使う職場であること。

以上の2点は譲りたくないです。明日の面談でも伝えようと考えています。

 

最後に写真でも載せたいと思います。

面談室
f:id:Koh_Phi_Phi333:20160413205448j:image

廊下です。
f:id:Koh_Phi_Phi333:20160413205424j:image

部屋ごとに国名で分けているみたいです。自分はタイの部屋で、ピピ島の写真が飾ってありましたw
f:id:Koh_Phi_Phi333:20160413205509j:image