底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

スポンサーリンク

今日、インドネシアのJacリクルートメントから電話が来た。

スポンサーリンク

東南アジアで一番興味があるインドネシアの現地採用はどんなものなのか、メールで問い合わせしていたんだけど、担当者から電話で直接連絡が来てビックリした。電話番号が明らか日本からのものではなかったので、出るのすごい迷ったけど出ることにしてよかった。

 

担当者からインドネシアの現地採用の状況やビザの件(主に大卒じゃないと下りないのかなど)について教えてもらいました。ビザについては高卒でも下りてる人はいるし、職歴がない新卒でも下りてるので、なんとも言えないらしいです。発展途上国なので、ちゃんとした法整備がなく、賄賂などでいくらでもごまかせる国だから無理と断言できないんだとか。。。ひとまず書類選考だけ行い、一次面接まではSkypeでも可能なのでチャレンジするだけでも可能だと言われた。二次面接は現地に赴かないといけないので、どちらにしろ行かないといけないんだろうけど。またビザが下りるまで3ヶ月くらいかかるらしく、多くの人は内定が出たら日本で待機するんだとか。しかし、ビザとるのってそんなに時間かかるんだな。。。

 

最初はすごい営業トークだったけど、僕が大学中退であること、職歴がないことに強いコンプレックスを抱いていることを伝えると途中から親身になって人生の先輩としてアドバイスしてくれました。担当者の方も短大卒で海外で働くのにハンデになることを考え、20台後半から大学に入り直したそうです。2年間は単位とるために講義がギッシリ入ってて、夜はバイトという生活だったんだとか。だから、コンプレックスに感じているなら通信制大学に入ることも強くすすめられた。昔は高卒でもインドネシアはビザが下りたので、昔から働いてる人もこっちで働き続けるために通信制で学位取得を目指している人も多いんだとか。またインドネシアに興味があるなら一度語学留学で来ることもありではとアドバイスいただきました。

 

「2年通信制に通ってもまだ20代なのだから勉強するのもありですよ!!」と言われたことに勇気が出ました。失敗をしてもやり直せる年齢なのだから恐れず挑戦するスタンスをもとうと思います。

 

自分の中でなんとなく考えていることが、インドネシア語を身に付けるために留学したい、そして、通信制大学で学位を取得したい。インドネシア語を身に付け向こうで働くチャンスがあるのなら通信制に通いながらキャリアを積む方向も考えてようと思います。自分の中で海外をメインにキャリアを積んでいく方針でいき、将来的には自分で何かできたらと考えるようになりました。

 

インドネシア語の学習を始めてみようと思います。それに平行してインドネシア語留学の情報をリサーチしていこうと思う。

スポンサーリンク