底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

スポンサーリンク

まず職歴を積むことを第一に考えるしかないのかもしれない。

スポンサーリンク

この1週間ずっと考えてた。本当に鬱になるくらい悩んで、パソコンで調べてどうしようか考えていた。どうすれば自分が納得いくベストな方向に進めるのか。将来、海外で働きたいという想いをどうすれうば叶えられるのか、また自分に何が足りないのか考えてみた。

 

足りないもの

・職歴、経験(圧倒的にこれ)

・大卒(大学中退だし・・・)

・英語力(TOEIC730点じゃ物足りない)

・人が持っていない武器(需要がある第二外国語など)

 

この1週間いろいろと現地採用について調べていたけど、新卒から何も経験なしで挑戦する人が増えているらしい。ただ、そういう人は圧倒的にうまくいかないで帰国している割合が多いんだとか。まず現地採用は教育制度がないからOJTもなく、仕事をいきなり任されること多く、それに苦戦するらしい。調べていると新卒でこのエリアを任せます!!と教育なしで任されるみたいだ。それだと難しいわけだ・・・。

 

また求人を調べていると営業経験、大卒、英語力など新卒が就ける割合が圧倒的に少ない上に、経験がないと足元を見られやすい印象だ。正直、気持ち的にはえいやっと海外に出てしまいたいけど失敗する可能性の方が高いのかもしれない。なによりローカル社員に自分たちより何倍も給料貰ってるのに能力がないから、学歴が高卒だからなどの理由で馬鹿にされる状態は辛いはず・・・。海外というアウェイの環境でこれは辛い。

 

僕が前からよく読んでる方のブログにも書いてる話なんだけど、

1 日本で3年以上の職歴がない

2 高卒

上記の条件の人は海外でもなかなか上手くいかないらしい。

thailand2001.blog18.fc2.com

 

すべて自分が該当するわけだけど、失敗するかどうか別として、普通より苦労する羽目になるのは確実なのだろう。そう考えると日本で経験を積み、自信を持って海外に出てこれる状態にすべきだなと感じた。ひとまず日本で2〜3年の職歴を積み、大卒の資格を手に入れた後に海外に移っても遅くはないかもしれない。「急がば回れ」ということなのかな。

 

本当は英語を使用した業務に付きたいけど、まずそれより自分のコアなスキルを身につけるべきだと思えるようになった。将来的に独立なども考えたいので、その時に必要になるスキルは営業だと思う。自分の将来なりたい理想像を考えて法人の営業職を探してみようと思う。

 

スポンサーリンク