読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

アデコの「若者キャリア応援制度」に参加してきた。

インターネットで調べていたら厚生労働省から委託されて行なっている「若者キャリア応援制度」なるものを知ったので、試しに参加してきました。新宿センタービルと分かりやすいので、方向音痴の僕でも迷わずに行けました。簡単に説明すると若い人で、正社員の仕事を探している人に就労のサポートをしますよ。というプログラムです。自分のような無職が長く、職歴が短い人は考えてみてもいいかも。

 

・29歳以下であること

・正社員経験が2年未満であること

 

本当に若者(29歳って若者なんだ!?)のみしか参加できないみたいですね。最初に紹介予定派遣で3ヶ月就労した後にうまく行けば正社員として就職できるという流れです。派遣先が決まると3日間だけビジネスマナーなど講習に参加することができます。しかし、そこの驚くことが時給(950円)が出るのです!!また、派遣期間中も交通費が出るので助かります。就職かったり〜という状態の方は参加してみていいと思います。

www.adecco.co.jp

 

 

簡単な当日の流れ


僕が参加した時は自分を含めて3人しかいませんでした。説明(30分くらい)を一緒に聞いただけなので、とくに話す機会もありませんでした。説明会が終わったら、個人担当の方と個室で面談があります。そこで自分の希望などを伝えたら求人を持ってきてくれます。その間に簡単な一般試験やキーボード入力試験などがありました。

 

求人はどうだったか?


未経験の人間が満足できる案件はなかなか紹介してもらえないのが現実です。これはアデコだけではなく、他の人材紹介でも同じでした。ひとまず妥協するしかないと思います。僕が「できるだけキツくなく、法人営業だと良いです・・・。」と伝えると、担当者の方は「IT、不動産、金融、証券の営業はキツイので抜かしますか」と仰って頂き抜かしてもらいました。なので、紹介してもらった案件も3件とあまり多くなく。それでもバレーの道具を売る営業など癖がある求人がありましたが^^; しかも、アデコの営業の方が感じたのかその会社の上は癖があるとデータに残していて、なおさら受けたくななと感じてしまった。結局、3つのうちの1つをひとまず書類選考してみることに。そこはルート営業、法人、なにより1から教育しますということで、未経験でもOKな雰囲気なので受けてみることにしました。それ以外にもアデコから法人のルート営業の紹介予定派遣を書類選考中なので、その結果次第でいろいろ変わってきそう。

 

感じたこと。


今日担当してくれた方は中年のおじさんだったけど、この方も何回か転職経験があるとのこと。外資系はむしろ5年以内に移る人が多く、逆に長くいる人は能力がないと思われてしまうらしい。日本企業とは真逆の考え方だな。今の時代には外資系みたいな考え方が合っているんだろうけど。とにかく経験を積んで、同じ企業にずっといるのではなく、ステップアップしていくことを考えた方が若いうちは良いかもねと担当者も言っていた。とにかく経験を積まなければ、何も開けてこないな。

 

明日はハローワークに行って、また求人を探してこようかな。