読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

某IT企業の一次面接に行ってきた。

面接でした


今日、某IT企業(人売り)の一次面接に行ってきました。ポジションが英語が必要になる運用監視で、外国人が多い企業で仕事をするそうです。明日の外資系企業の面接の予行練習で受けたので、全然緊張しなかったw 担当のお姉さんが可愛いなーと思いながら話してましたw 年齢も近いと思うし、圧迫的な質問もなかったので全然スムーズに話せました。最後に企業の説明が長くて眠くなってしまった。。。

 

面接はすべて日本語だったので、本当に普通だった。二次面接では英語での面接もあるらしいから、行くなら準備した方が良いと思う。二次面接に進んでも迷うところだけど、英語面接の練習で挑戦するのもありかも。

 

自分以外にもう一人、一緒に面接を受ける予定の人がいたみたいだけど、結局来ないで一対一の面接でした。普通面接って、一対二でやるもんだろうか? 本気で良い人材をとりたいなら一人とじっくり面接するものだと思うけどな。

 

どんな企業か?


まだ設立15年前後の若い会社で、社長もまだ30代前半らしいです。確実にITバブルに乗っかって成長した感じですね。社員数は300人くらいで、営業さんが仕事をとってこなくても企業から依頼がくるくらい案件を獲得できているらしい。逆に仕事を断っているくらいと言うから本当に第二ITバブルなんだろうな。2020年以降はどうなるのだろうか心配だけど。。。

 

話を聞いていると社員の平均年齢が若いだけあって、社内行事が多い(楽しそうですね!!とニコニコしてたけど、心では(^-^;だった)そして、常駐先の業務以外にも社内での打ち合わせで土曜日とかつぶれるみたいです、いや、常駐先の業務で忙しいだろうに所属先の会社のことなんて考えてられないわと言いたい。個人的に若いサークル的なノリもあるみたいなので、合わないと思う。僕は業務以外のプライベートな時間を使って、社内行事に積極的に参加したいとは思わないです。もちろん社内の人と仲良くなれるのは良いけど、そんなのたまに飲み会すればいいでしょ。常駐先の業務だけでも大変なのに、社内のことも積極的に考えてくれというのは虫がよすぎる。どの会社も少なからずあるんだろうけど、今回受けた会社はそれをすごく重視しているので、確実に僕とは合わないです。みなし残業が40時間あり、そこでは社内の打ち合わせが20時間含まれるって。。。何を話すんだよ。

 

ちなみに企業自体は人が商品であることを実感しているので、教育は充実しています。未経験で資格取得をたくさんして、転職を考えるならありかも。

 

感じたこと


本当にIT業界は人手不足なんだなというのが一番の実感。とにかく資格や教育をしてでも人が欲しいし、それがお金になって返ってくる。むしろ話を聞いていて、派遣事業のライセンスが手に入るならIT業界でのビジネスをやってみたいと思ってしまった。経験ない僕ができるほど甘いものではないだろうけど。

 

今、ニートしていて就職できない方はITを検討しても良いと思いますよ。確実に就職できると思います。ただ資格とか取得しないとステップアップできない業界であることは今日の面接でも言われたので、自己努力が本当に必要だと思いました。

 

関係ないけど、面接に向かうために朝9時くらいの新宿から山手線に乗ろうとしたけど、ちょうど通勤ラッシュもあり超がつく満員だった。最初あまりの満員に乗れなかったため次に変更したけど、それでもギューギューの満員で気持ち悪くなった。。。こんな生活を定年までやるなんて地獄過ぎる。絶対に無理です。。。

 

渋谷まで来たので、楽天カフェでくつろいでました。
f:id:Koh_Phi_Phi333:20160517124453j:image


f:id:Koh_Phi_Phi333:20160517124504j:image


f:id:Koh_Phi_Phi333:20160517124555j:image