底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

スポンサーリンク

入社の際にマイナンバーが必要という事実

スポンサーリンク

今回、入社するにあたってマイナンバーの提出を会社から求められ凄く困った。正直、存在だけ知ってて重要の内容を把握しておらず通知カードすらどこに行ったか分からなくなってた状態でした・・・。ニートしてる人には番号で管理されてもあまり変わらないので、どうでもいいというのが正直な気持ち。しかし、会社から指示を受けた以上はしょうがないので、区役所まで行って住民票を取り寄せてきました。そう、もう既に住民票にはマイナンバーが書かれており、カードがない人も知ることができるのです(住民票が300円くらいかかるけど)

 

しかし、マイナンバーによって口座の貯金額まで国に知られる可能性があることを考えると恐ろしいと思う。主婦がよくやるタンス預金も難しくなるのだろうか。脱税対策なんだろうけど、貯蓄税とかあったら確実にもってかれるんだろうな。国も少子化に向かって、税金を取りこぼさないようにしたいんだろうけど、舛添とか最近の政治家を見ると血税を有効に活用しているとは思えない。お金がない若い世代はなおさら嫌悪感しか無いと思う。僕もできれば働く上で、東京より地方に税金を収めたいと強く思っている。ふるさと納税をできるだけ使いたいと考えている(僕が稼げる収入で収めれる税金なんて微々たるものだけど・・・)



f:id:Koh_Phi_Phi333:20160607202353j:image

スポンサーリンク