読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

初めてヘルプデスクを利用した。

支給されたPCの設定に問題があったのか、必要なソフトをダウンロードできていなかったため困っていたら、先輩から企業内のヘルプデスクに聞いてみればいいということでさっそく使ってみた。不具合の内容を教えたら、さっそく社内の携帯電話に女性スタッフから連絡が来た。相手は明らか外国人の方なんだけど、流暢な日本語を話しててコミュニケーションには全く困らなかった。一つ一つ電話越しで説明してもらいながら操作をして、最終的にはIPアドレスを伝えて向こうからリモートで操作してもらえたんだけど、こんなことができるのか!!と驚いてしまった(社内LANだからできるんだろうけど)

 

しかし、あそこまで流暢な日本語を操りながらもITに関しても詳しいとはさすが・・・。このまま日本語ができる外国人が増えたらヘルプデスクも日本に置く必要はなくなる気がする・・・。

 

そういえば、今日さっそく上司から海外案件にアサインしたことを伝えられた。まだ入って1週間くらいなのに国内案件も複数入っている。先輩も早いペースで入ってるな〜と言ってたから、本当に早いのだろう。忙しくなりそうだ・・・。