読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

日本企業は協調性が大事だと改めて感じだ。

就職後の日記(仕事関連)

職場で仲の良い先輩が全くアサインされていないみたいで、暇すぎて自分を含めた若手に絡みまくっている状態。その先輩はエンジニアとしての経験は長いんだけど、性格に難があり、営業や他部署の人からも評判が悪く、リーダー的にも苦情が多いからアサインできない状態なんだとか。自分が入った4ヶ月くらい前は自分にも敬語を使い礼儀正しい人だなという印象だったんだけど、いつ頃からか態度が悪くなっていき、悪い部分が目立つようになっていった。

 

リーダーからその先輩が絡んできて、稼働を多く取られるのは問題だからできるだけ突き放すように気をつけるよう言われた。個人的に仲がいい先輩だから、冷たくはしたくないけど、業務と関係のない話が多いのも事実。自分の業務を優先していかなければとは思うけど、リーダーの考えは彼を外すつもりのようなのが残念でしょうがない。今の職場はよっぽどのことがない限り、外されるようなことはない。どちらかというと本人から辞めるパターンが多く、会社的にはできるだけ長く続けてもらいたいというスタンスな気がする。だから、この先輩のように会社から辞めてもらう形は珍しいと思う。

 

ネットワークの経験も豊富だし良い人なんだけど、本当に傲慢な態度を取りやすいのが周りの反感をかってしまうので、損をしている性格だなと思う。日本企業はやっぱり「協調性」や「チームプレイ」ができる人じゃないとダメだなと改めて感じた。ただ、年齡を重ねれば重ねるほど、派遣(一般や特定に限らず)という働き方は難しいのかなと先輩を見て考えるようになった。自分も今のままではいけないな。