読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

能力を身に着けたいなら自分でお金と時間を使え。

金曜日に先輩とご飯に言った際に意識しておいた方がいいなと思ったことがある。本当は前記事と一緒に書きたかったんだけど、あまりにも長くなりそうなので別にすることした。文章能力がないから本当に訓練していかないと・・・。

 

金曜日に仕事の話で、来月にはたぶん切られる予定の同僚の話をしたら「彼は英語を使う仕事につきたかったし、業務を通じて伸ばしたい」と入った当初に言っていたそうだ。その発言に対して「職場で英語を伸ばそうなんて勘違いしすぎだし、ここは学校じゃない。英語力を伸ばしたいならお金や時間を使って、伸ばしてから来るべき」と呆れた表情で言っていた。先輩自体もアメリカの大学に留学して身につけた英語だからこそ、能力を上げるためには自分の犠牲を払う必要があることを分かっているのだと思う。大学に留学する前は工場の派遣やフリーターなどして、このままでは人生の底辺をさまようことになる。それなら大学に進んで、知識を身につけてマシな人生を歩もうと考えたのがきっかけなんだとか。

 

自分で稼いだお金でアメリカに留学した、そういう苦労人の先輩と比べると自分はまだまだ甘ちゃんだなと思う。もっともがいて、バイタリティーを持って這い上がっていかないとダメだな。