読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

先輩が契約切りを通告された・・・。

今日、先輩が会社の営業から契約切りを通告された。かなり動揺していたのか、代表に電話が来て、今すぐリーダーを呼んでくれ!!と言われ電話に変わった。最終的にリーダーも面談に参加しに行ったんだけど、1時間くらい帰ってこなかったから先輩の動揺ぶりがさらに感じられた。

 

周りから見たら干されてるのが一目瞭然だったんだけど、本人的にはイケイケな気持ちだったみたいだ。僕ともう1人の仲の良い先輩はやんわりと現状況がよろしくない事を伝えようとしたんだけど、全く理解してもらえなかった。そういうところは鈍感なんだなと改めて思ったし、そういうところが協調性がない思われる原因なんだろうな。年齢も30代後半だから、そこら辺がないと会社的にも情状酌量の余地はないのだろう。周りの同僚は嫌がってる人が多かったから面白おかしく話してたけど、経験のない自分としては明日は我が身くらいにしか感じなかった。

 

改めて派遣という働き方がずっと続けられないものだと再認識させられた。中には50代でも働けてる人はいるけど、その人は低姿勢だし、物腰が柔らかい人だからできることだ。年を食うとプライドが邪魔して、周りと馴染むのが難しくなるのだろう(先輩自体はかなり横柄な態度をとる人だったけど)

 

あの歳で派遣切りに合うと次を見つけるのに時間かかりそうだな・・・。仲良い先輩だった分、自分としては寂しいな。