読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

POPとNode structure? 今日、業務で学んだこと(引っ越したオフィスが嫌だ)

就職後の日記(仕事関連) 今日、学んだこと(技術+業務関連)

  業務で習ったこと


POP→Point Of Presenceの略。インターネットサービスプロバイダーISP)がバックボーン回線を収容するバックボーンルータを設置している場所のこと。

POP→メール送受信用のプロトコル

Node strucutre →Nodeとは機器のこと。POP(Point of Presence)の構造をNode structureと話してたんだと思う。

 

それと通建業者はストレートケーブルクロスケーブルの違いが分からない人がいるらしい。それで今日の工事が少しトラブってしまった。コネクタが付いている両端を見比べたら、ストレートかクロスか一目で分かるんだけどな・・・。

 

同僚から聞いたらら、POPとNodeをほぼ同じ意味で使ってることが判明。会社用語だったのか・・・。ある意味、PEルーターということだろう。

  コメント


海外案件の業務で先輩が普通にペラペラと上記の用語を話してたけど、Nodeは意味知ってるけど、POPと言われたらプロトコルの方しか浮かばなかった。ネットで調べたらPOPはバックボーン側(WAN側のもっと奥の網領域で、フルメッシュでなお複雑な構成になっている)ことを意味していたんだな。こんなのパッと言われてもすぐに出てこないわな。

 

あくまでメモ

「S部がある番号を振り分けるためにはNode structure(POP)の情報が必要。だから、海外拠点の人間は直接その部署に聞けばいい。」

 

今日の日記


 

オフィスが変わって初日だけど、前の方がよかった・・・。毎日のように飲んでいたコーヒーも前のオフィスでないと飲めないのです・・・。景色もなく、なんとなく閉じ込められた感しか無い・・・。