読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

意識が低さ、守られていない現実

今日、上司から注意された。業務量割には残業が多い、意識を変えないといけないと言われた。俺たちは会社に守られてるわけではないのだから、お金を貰ってる以上、パフォーマンスを見せないといけない。ここは学校ではないのだから、意思を変えて給料以上の働きをする必要がある。

 

技術的なことは分からなければ、しょうがないから先輩に聞いてしまう方がいい。迷惑をかけることが一番いけないし、分からないことだけひたすら悩んで、他の案件止めてしまうことが問題。

 

確かに一人称仕事ができてない以上は、こういう注意されてもしょうがないよな。もう指摘がごもっともという感じでした。何も言えなかった・・・。

ただ、上司も技術的なこと何も分からずにこの業界に入ったため、そこ辺の苦労は分かる。俺はプライベートの間もどうすればいいか考えていたと言ってたから本当に苦労したんだろうな。あんなにバリバリ仕事ができる上司にも苦労した時代があるんだから、俺がこれではダメだよな。反省・・・。

 

とにかく1番気付かされてよかったことは、僕は決して守られている立場にもいないし、下手したら解雇されてもおかしくない働き方をしていること。この働き方をする以上は、自分のスキルを日々磨いて、周りに負けないようにしないといけない。社会は学校ではないし、自分が考えているほど甘い世界ではない。分かっていたつもりだけど、日々の平凡な生活で忘れかけていた気がする。