底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

スポンサーリンク

年齢差があっても、そこにマナーはあると思う。

スポンサーリンク

昨日はご飯食べた後にあまり疲れで寝てしまった。仕事が忙しいというよりは睡眠時間の問題だと思う。1時くらいまで起きて、そこからしっかり寝る方がいいなと思う。自分の場合、3時(電気つけっぱなし)から起きて、また5時から寝るという生活を数日、続けたら疲れが全然とれなかった。

 

題名にもある通りマナーについてだけど、今の職場はほぼ全員が自分よりも年上で、キャリアもそれなりにある人ばかりです。そこでひたすらダメキャラとして生きる、ダメリーマンな自分ですが、適度ないじりでお前はダメな奴だなと指摘してくるのはいいよ。ただ話す度に、昼休みまでもその類いの会話しかできないのはどうかと思う。年下とは言っても、お互い大人だし社会人ですから、相手を不快な気持ちにさせないマナーは必要だと思う。それに年齢、キャリアの長さを考えると能力の差はあるわけで、その分だけ給料を貰ってるはず。それなのに経験が浅い人間をひたすら仕事ができないと非難することは、自分の薄っぺらい自尊心を保ちたいのかなとしか感じられない。

 

問題は僕はいない席でもあいつは仕事ができないと言ってるみたいだけど、それただの悪口ですよね?本人に直接言わない限り意味がないと思うんだけど、彼にはそれが理解できないらしい。明らか会話力がないから、人を非難することでしか、会話の糸口を見つけられない人が今の職場に多いなと思う(そういう人に限って、上司への謙虚さは凄い、ペコペコしてるw)

 

一方でいじるけど、しっかりと指導してくれる先輩もいる。僕は目指すならこういう先輩になりたいと強く思ってます。人間として見習える先輩から良い面をどんどん吸収し、人間的に劣ってるなと思える先輩は反面教師にすればいい。業務以外でなるべく接すること機会を減らしていこう。

 

 

スポンサーリンク