読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

同僚から聞いたスーパーエンジニアの話

同僚に自分より年上で、キャリアも長い人がいる。今まで多くの現場で働いてきたからIT業界での人脈が豊富らしい。その中で1人の凄いネットワークエンジニアの人の話を教えてもらったから、思い出したのでブログにしようと思う。

 

このスーパーネットワークエンジニアと方は現在、アメリカ系外資系企業で働いており、年収が1000万以上あるんだとか。今まで超大手、業界ではシェアNo1の企業で経験を積み、キャリアアップしてきた人らしい。資格もCCIEを持ち、英語レベルもTOEIC800点オーバーと本当にレベルが違いすぎる。そんなスーパーエンジニアも最初はサーバー運用監視から業界でのキャリアをスタートしたらしく、そこからネットワークの道に入りCCNA,CCNPと資格を取得していき、最終的に職場の支援を使いCCIEまで取得した。そのCCIE取得から一気に給料も上がっていったみたいだ。こんなスーパーエンジニアもサーバー運用してた時期があるんだ!!ということ自体が驚きだった。

 

現在、勤めているアメリカ系外資系企業ではすべて会社負担で、アメリカまでトレーニングのために行かせてもらえるらしい。そんな世界があるのかと聞いていて唖然とした・・・。自分には雲の上の存在、そんなスーパーエンジニア集団が集まる職場がこの同じ東京にあるのかと知れただけでも、いい刺激になった。ただ、この人達を目指すのは能力も必要だから、ある意味リスキーな気がする。ただ、日々努力して上を目指していく姿勢は見習わないといけない。

 

IT業界のいろはも分からず入った自分だから、業界知識のなさで同僚からはよく怒られる。F5ネ◯ットワークスやポ◯コムなど業界なら誰もが知る会社だって初めて同僚から聞いた。本当にまず業界知識をつけるどころからなのかも・・・。