底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

昨日、先輩に辞めることを伝えた

昨日、仕事終わりに仲のいい先輩、後輩の3人で飲んできた。

リーダーや上長だけ自分が辞めることを知っていて、同僚にもそろそろ伝えたいと思っていた。なぜなら案件が振られない状態のため、ものすごい暇な状態の自分を見ていて確実に心配してくれている気がしたからだ。ただ、なかなか伝えるタイミングがなく、ずっと機会を探っていた。

 

喫煙室でだべっていたら、3人で飲みにくかという話しになったので、仕事や他愛もない話しで盛り上がり、最後の最後に「自分、最近すごく暇そうじゃないですか? 案件がもう数えるほどしかないんですよ」と伝えたら、先輩も「いや、そんなことないよ・・・」と不安そうに反応していた。最終的に自分は7月いっぱりで退職するから、リーダーも案件を振らないようにしている旨を伝えたら、納得していた。自分が辞めるなんて全く気づいていなかったようで、ものすごく驚いていたけど、やっぱり周りはまだ知らないんだな・・・。

 

最後の最後に辞める意思があることを伝えられてよかった。先輩も悪くない選択だと思うと言っていたけど、たぶん大半が理解できない後先考えていない行為なのかもしれない。ただ、先輩も含めて、今年中にはたぶん今の職場を離れる可能性があるため、どちらにしろずっと今のところにいることはあり得ないのだ。

 

帰りの最後に後輩が「自分は腐っても大企業に入れたんで、ここで頑張ります!!」と言ってたけど、それはそれでいいと思う。大企業で働き続けることで、中小企業よりは駐在員などキャリアアップできるチャンスは多いはず。