底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

池袋にあるチャイナタウンに行ってきた!!

東京に来るまで知らなかったけど、池袋には中国人が多く住むチャイナタウンがある。外国人街といったら有名なのは、K-POP街の新大久保だと思う。そこにも韓国人だけではなく、中国人も多く住んでいる。実際に僕の台湾の友達もそこに住んでる人がいる。池袋がチャイナタウンという事実は東京に住んで間もない人は知らない人が多いと思うので、今回どんなところか行ってみた。

 

僕はアジアンローカルな雰囲気が大好きなので、ワクワクしながら友達に連れて行ってもらった。池袋の北口方面から出たら、すぐにチャイナタウンはあり、今回行ったお店は駅から歩いて8分くらい離れたところにある。今までサンシャイン通りの辺りしか行かなかったから、こんな中国語の看板が多くある場所を知る機会はなかったのだろう。

 

西安)シーアンハンバーガー、中国語では別の読みだけど。お店の看板メニューだけあって、1番美味しかった。似てる料理としては、ケバブをハンバーグっぽくした感じだろうか。本当に美味しいからオススメです!!
f:id:Koh_Phi_Phi333:20170710090010j:image

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20170710090036j:image

 
f:id:Koh_Phi_Phi333:20170710090059j:image

 日本にいながらこのアジアなローカル感を味わうことができるのだ。
f:id:Koh_Phi_Phi333:20170710090128j:image

 アヒルの顔。中国から輸入してるのだろうか。
f:id:Koh_Phi_Phi333:20170710090150j:image

 中国語で書かれた週刊誌もあるのだ。
f:id:Koh_Phi_Phi333:20170710090210j:image

 

連れて行ってくれた中華料理屋がもの凄くローカル感があったから、まるで本当に中国に来ているかのような錯覚を覚える。店内の店員さん、お客さんは全員が中国人だった。日本人はあまり来ないんだと思う。でも、店員さんは日本語も話せると思うから日本人だけでお店に行っても問題ないと思う。

 

東京にはこういうグローバルで、多文化を経験できる場所があるから面白い。