底辺ニートがIT資格と英語で努力してみた結果

大学中退、ニート、フリーターとダメダメ人生だけど、少し努力してみようと決心。そのニートの努力を記録します。

スポンサーリンク

今日が最終出社日だったので、いろいろと振り返ってみる。

スポンサーリンク

今日が最終出勤日でした。有給が半日残っていたので、午後から出勤しました。2時30分くらいにオフィスに着いて、メールチェック、デスクの中を空っぽにし、返却物を箱に入れ、最後に書類にサインして必要な作業は終わったという感じでした。

 

チームメンバー、オフィス全体のお世話になった方々にお菓子を渡し、最後の挨拶を済ませ、残った時間は仲いい先輩と談笑してました。なんだかあまり最後という感じがしなかったのが、正直なところです(笑)言えることは、辞める人間なんて本当に周りの対応もアッサリとしています。この1年2ヶ月で別れもあり、自分と同じようにお菓子を持って挨拶に来た方々がいましたが、自分も「そうなんだ、辞めるんだ」と思っただけで、とくに何も感じなかった記憶があります。その感覚と周りも同じなんだなと改めて感じました。

 

印象的だったことが、課長さんやリーダーに全員に次は決まっているのか?と聞かれたこと。ま〜皆さん気になるんでしょうが、あんなに聞かれてはめんどくさいので、また同じような業界で働く予定ですと答えてしまう。僕は今すぐ働きたいという気持ちがないけど、それは上の世代の人達には確実に理解してもらえないだろうし、逆になんて怠け者なんだ!!と思われそうなので、さすがに言いませんでした・・・。

 

ひとまず以下にダラダラと今回の職場で感じたことを書き連ねていきたいと思います。

 

 

出会いが1番の宝物


 業務終了後に仲のいい3人で飲んできました。年齡が近いのもあり、いつも励まし合って、頑張ってきたメンバーでした。彼らには本当に助けられた・・・。君たちがいなかったら、僕は半年も続かなかった気がする。

ただ意外にも3人が集まり飲むのは初めてで、最後に本音で語れてよかった。僕が驚きだったのが、チームリーダーのことを意外と誰も尊敬していなかったこと。彼と付き合いが長いメンバーはまるで神様のような扱いで接してる人が多かったけど、この職場に入って2年以内の僕らは共通で疑問に感じていたようだ。個人的にあの〜様という感じで接しなければならない感じが僕にはとても違和感だったし、嫌で嫌でしょうがなかったです。やっぱり同じ職場にずっといるとある種の「洗脳」にかかるのかもしれない。

このメンバーも年内で他の現場へ移る可能性も十分にあるみたいだから、次に三人で飲む時にはそれぞれ状況は変わってんだろうと思う。最後に懐かしい思い出話しや職場では聞かなかったことを聞けて楽しかった。次にまた集まれることを楽しみにしたい。

 

残念なこと


 一部の先輩はとても優しく、人間的にも尊敬できた。でも、後輩に無茶ぶりばかりで業務を教えようともしない、人生の先輩として学べる点も少ないという人が多かったことが残念だった。多かったというよりは、自分と案件を組む人間がそういう人ばかりだったのだ・・・。本当につまらない人だなと今でも思うけど、こういうレベルの人間としか関われない自分の低い能力がいけないのだろう。高いレベルの人にはそれだけの魅力のある人間と関われる機会が多くなる。今の自分には難しい話しなのかもしれない。

ただ、自分の能力や経験を身につける機会というのは受け身ではやってこない。経営者の人達の周りは経営者が多いように、似た考えを持つ人間が集まってくるはず。これからは積極的に自分でも動いていき、人との出会いを1つでも多く作っていきたい。そこから生まれる経験も多いはず。

 

今の職場にいれて、よかったこと


 僕は今の職場にいれて本当によかったと思う。自分が挑戦してみたいと思う業務内容そのものだったからだ。英語を使い、グローバルに海外の人達と業務を進める機会を貰えたことはこれからの人生でも良い経験になると思う。NW知識が全くない状態でConfigを作り、ルーターも多く触る機会を貰えたことは本当によかった。

自分は正直、機械をカタカタと設定し、触る仕事はそこまで好きでないことが改めて分かった。しかし、意外に自分のような人間は職場にも多かった。あくまで仕事として割り切ってCiscorルーターを触っているのだ。自分のチームリーダーもその類の人間で、PCなんて全然分からないし、機械オンチというタイプである。それでも業務でガッツリやっているから、割り切ってルーターを触っている人間も多いんだなと思った。

1年2ヶ月だけど、自分が知らなかった世界を知れたことはとても有意義でした。

 

PM業務、ネットワーク構築を経験して


 PM業務は本当にコミュニケーションが必要で、機械だけと会話していたいというタイプの人間には難しいポジションだと思った。周りと密に連携して、連絡を頻繁にしないといけない。他部署の人達と立場を尊重して、自分から仕事を進めていかないと行けないから、性格適性もあると思った。自分の教育係?の先輩は自分本位で仕事を進めて行くタイプの人間だったから本当にやりづらかった・・・。仕事を進めていく上で、自分の考えや立場を伝えることも大切だけど、お互い気持ちよく仕事を進めて行くためにもできるだけ相手の立場を考えないといけない。それはどの業務でも大切なことだと思った。

 

ネットワーク構築は、お客さんの要望を聞き取り、それを反映させるために過去のデーターベースを自分なりに参考にしてConfigを作り上げていくこと。やってること自体はシンプルなんだけど、技術理解が少なかったり、過去のデーターベースを探し出すことが苦手な人が苦労するなと感じた。自分は探しものが苦手なタイプだから、結構大変でした・・・。

 

この職場にずっといたら、将来がない。


 2〜3年、若いうちにやるなら大変アピールにはなると思う。でも、ここで5年以上もいたら確実に他では使えない人材になってしまう可能性が高いとすごく恐かった。なぜなら限定的な業務に特化しすぎているため、他にいくと適応するのに苦労するからである。NW構築経験、PM業務、ビジネスでの英語使用経験ありといった、職歴の見栄えをよくするのには大変持ってこいだったので、助かりました。

 

バリバリの日系はつまらない


 今回働いた職場はバリバリの日系企業でした。本当にここまで日本式な環境で働いたのはこれが初めてだし、これが最後にしたい。それくらいまるで学校のような感じでした。周りも席にちゃんといるかばかり気にする、効率性や、結果などは度外視するような職場で、本当に若手のモチベーションを欠くような職場だった。

 

仮に日本で働く機会があっても、絶対にこんなバリバリな日本企業では働きたくないなと思う。できれば、次は外資系がいい。

 

 

これからどうするか


 日本では働かない予定です。ただ、業種に関しては絞れていないというのが正直なところ。IT業界でまったりと海外で働くのもありなんだけど、そうするとずっとITで働かないといけないし・・・。個人的には営業のようなビジネス上での対人コミュニケーションが鍛えられそうな職場も検討しています。方向性が決まったら報告させていただきます。

スポンサーリンク